【こどもの食事】好き嫌いを減らす方法【パパでもできる】

こんにちは、アマイです。

ピーマン・人参・しいたけ。どれも栄養素満点の食材ですが、こどもたちの中にはなかなか食べようとしない子もいます。親にとっては頑張って食べてほしい食材なので、色んな駆け引きが食卓で繰り広げられていることと思います(笑)

好き嫌いが生まれるのは味覚がある以上仕方がありません。
しかし、好き嫌いはどうやって育つかご存じですか?
実は親の「もっと食べなさい」が好き嫌いを育ててしまうんです。

「もっと食べなさい」が好き嫌いを育てるとは?

食べない子どもをみてると、ついつい言ってしまいますよね。
栄養が取れてるのか心配、もう少しだけでいいから食べてほしい。
しかし、何度も言葉でプレッシャーを与えてしまうと、こどもは食べるのを余計に拒否したくなってしまいます。言われれば言われるほど、その食べ物が嫌になってしまうんです。

大人も同じような経験があると思います。嫌なものを強制されたら、、、もちろん好きになんてなりませんよね汗。こどもも一緒です。

ではどうしたらいいのでしょうか?

好き嫌いを減らす方法

「ひと口だけ食べてみよう」と伝える

どんな苦手な食べ物でも、「一口だけ食べてみる」ことを約束しましょう。
一口も無理だったら舐めるだけから始めてもいいです。
一口だけ食べたあとは「好きなだけ食べていいよ」と伝えてみましょう。

するとこどもは、苦手だった食べ物を「一口だけ」自分の意志で食べられるようになります。それが自信に変わると、二口目も食べてみようかな?と思うようになります。

新しい食材を、五感で感じさせ、食卓に出す

新しい食材を触らせる、においをかがせる、大人が食べるところを見せる、その後こどもに一口食べさせてみる。そんなふうにゆっくり慣れさせていきましょう。
こどもは新しい食材にとても敏感です、大人が考えている以上に慣れるまで時間がかかります。
なので、苦手な食べ物をすぐに食べられるようになることは難しいです。

色んな食材に触れ、色んな味を知ることで食べられるものが次第に増えていきます。
2日に1皿程度でもいいので、新しい食材や苦手な食材にチャレンジする機会を作ってあげましょう。

こどもと一緒に食事をする

「家族みんなで食卓を囲むことで食事がおいしく感じられる」という研究結果が発表されました。食事がおいしければ沢山食べます。沢山食べれば栄養もしっかり取れます。栄養がしっかり取れればぐんぐん大きく育ちます。
夕飯の場合なら、今日の出来事などを話すとより楽しい食事になりますね。

我が家の場合は、、、

「一口だけ食べてみる」どんな場合もこの言葉が効果抜群です!
あまり強制的な表現はせず、「沢山は食べなくてもいいよー」「こっちは残しちゃおっか」「一口食べたらご馳走様しちゃおっか」などと言葉かけることが多いです。
一口がきっかけに食べられるようになった食べ物がたくさんありました!

お店でこどもに食器を選ばせるのも効果抜群でした!自分で選んだお気に入りの食器に盛られると不思議な魔法がかかったかのように食べたりもします(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました